魅力学®のススメ

あなたを磨く、世界が輝く、魅力学®のススメ

自分のあり方を見つける新しい視点、世界が変わる今だからこそ

魅力学®研究家の中原晴美です


私は私

私という魂、性別も役割もない、私の命。
その魂は、男性か女性の、心と身体を持ち
親から引き継いだ人種のDNAを持ち
どこで生まれたのか、どこで育ったのか、文化と習慣を持ち。
誰かの子ども、誰かの友人、誰かの仕事仲間、誰かの親、と役割を持ち、
住んでる国の〇〇人で
アジア人とか、白人とか、カテゴリーの中にいて
地球人で、宇宙人で。

私も、あなたも、沢山の入れ子のお人形のように、いろんな自分のあり方で、生きている。

男との女の違い
生まれた場所や受けた教育の違い
宗教の違い
使えるお金の多価の違い
才能の違い
人種の違い、自分の国の力の違い

いろんな事で、他者と自分を比べて、自分に否定的になったり、自分を認められなかったり。

宇宙規模でみたら、みんな同じ宇宙人として共生しよう。

なにものにもカテゴリーされない、魂としての自分を大事にしよう。

魅力学を通じてそんな事を伝えています。


石井 希尚 さんに出会ったのは一週間前。
f:id:miryokugaku:20170121213233j:plain

牧師として聖書という軸を使って世界の混沌を紐解き、そこに古代日本人の精神に通じる、大いなる力への畏怖と自分の魂を大切にすることを伝えてくれています。

「なぜ聖書なのか?」と私はぶしつけにお聞きしました。

12年間、毎週礼拝で賛美歌を歌い聖書を読み、クリスチャンの洗礼を受けてはいませんが、いまも本棚には聖書がある私。


「現代の世界は西洋のキリスト教を知らずには語れない(西暦を使っているしね)そして、いま世界の問題はイスラム、ユダヤと、聖書をどう読みどう捉えるか、によって起きている。

正しく聖書を理解することは、世界を読み解き、理解する大切なてがかりであり、本来の聖書の教えには、古代の日本精神につながる事が沢山あるからこそ、世界がつながるために、もともとは同じ心持っている事を知ることで、共生していく道を選んでいく事の大切さに気づいて欲しい」

というのが、私が感じたまれさんの伝えたいこと。(たった1度お会いしただけで正しいかどうか、は解りません)

しかも、まれさんは、解説者でも、批評家でもない。


もともとミュージシャンのまれさん、和楽器を用いたゴスペルバンド「HAVENESE」を率いて教養ライブとして、歌にそしてトークに聖書や古来日本の美しさ、そして世界の素晴らしさを語り、

f:id:miryokugaku:20170121213624p:plain

人が集まり、つながり、学び、助け合う場所としての、ライブハウスカフェを経営し

社会の最小単位である夫婦のあり方を説く本は20万部

マリッジカウンセラーとして、牧師として、生き方に迷う人に、考える視点を授ける(答えを上げるのではなくて)

靖国神社や伊勢神宮にもゴスペル(キリストを称える歌)を奉納し、外務省から海外への活動も支援されて、イスラエルやアメリカで活動もされている。

批評家や、解説者で終わることなく、本気で動く。

今、新しいアメリカ大統領が生まれ、その政治的手腕はこれから世界が見つめていくこととなるでしょう。

確かに世界は一つになる必要なんかない、個々が個々として共生すれば良い。でも分断しては、真の平和はきっと来ないと思う。


世界は私達の身体と同じで、各国は臓器のように役目が違うけど、どれもお互いに必要としているから。

聖書という世界共通の視点から、世界を学び日本の歴史の中から、その大きな宇宙のつながりを、問いかける。

まれさんのそんな活動に、とても心を動かされています。頂いたご著書と、さらに2冊本を読み、昨日は渋谷でのライブに出かけました。

興味を持つと、のめり込まずにいられない。まれさんの投げかける言葉(著書の中や、ライブで)の意味を自分でじっくり咀嚼しています。


私も、傍観者ではなく、活動していこう。発信していこう、と更に深く思うのでした。


f:id:miryokugaku:20170121215530j:plain

ワイフの久美子さん生でも素敵なのに、ライブでのリアルゴスペル×日本の民謡のような歌声とダンスも本当に魅力的でした。

ご縁をつなげてくださった飛騨高山のゴッドハンドのエステシャン虎井美侑季さんに感謝!

 

www.marre.jp

 

 

自分の顔と向き合う事が生き方と向き合う事になる

「今日はお肌手入れに来て良かった!!!」お客様の一声
素肌美で未来を創造する魅力学®研究家中原晴美です。

f:id:miryokugaku:20161027075601j:plain

これは、飲み会の席( ̄∇ ̄)ではありますが、こんな風にお客様のお話をしっかりと聞かせていただいています。


サイエンススキンケアでは、定期的にお肌の状態を見させていただき、お悩みやトラブルの解消だけではなく、どんなお肌になりたいのか、3年後、5年後、と年齢を重ねても自分らしい笑顔でいられるお肌を育てていくにはどうしたら良いのか、という事をアドバイスさせていただきます。

お肌は脳と直結していて、あなたの心の状態(ストレスのあるなしや、不安、怒り、恋する気持ちなど)や、身体の状態(睡眠、疲労、なにかの疾患の予兆)を現わしてくれています。

東洋医学ではまず、肌色、目や舌の状態をみるように、お肌にはあなたの心と身体の情報が沢山詰まっているのです

ですから、ただ単に、乾燥しているから保湿してください、とか、シミには美白、とか、というアドバイスをしているのではなく


その時のお客様の心と身体の状態をカウンセリングさせてたいだいて、最適なお肌ケアをお伝えすることで、お肌だけでなく、心と身体も健やかに美しくすることが、サイエンススキンケアカウンセラーの仕事。

先日いらしたお客様。お体の体調もすぐれず、ご家族に余命宣告された方がいらして、そのケアにもお忙しく、お顔の手入れどころではない、というご様子。
 

とはいえ、ご家族の中に不安や憂いの空気が漂い、ふと鏡をみると顔色悪く、心なしかしみが濃く見える肌を見ると、なんだかさらにお気持ちが下がる…。

人生、いろんな事が起きます。特に女性は身体の変化も人生の変化とともに、アップダウンが大きくなります

 

生理、就職、転職、結婚、出産、子育て、更年期、閉経、介護…自分のホルモンと向き合いながら環境や家族の変化にも向き合わなくてはなりません。

 

私も、8年前には義母の自宅介護から看取り、そして6年前妹が余命宣告されてからの2年間。義母や妹の命と向き合う日々を過ごしたので良く解ります。

そんな時、朝顔を洗う。鏡を見る。自分の心の状態と向き合います。

 

妹の命がもう絶望的に最後の日々を数える毎日だったとき、朝、鏡を見る、そして、最高の笑顔で鏡の中の自分に笑いかける。

「素敵ですね、」「ありがとう」「今日も一日極上の笑顔で!」と、一番辛い時だからこそ、自分を奮い立たせるために笑顔を作る。

笑顔は無理に創っても脳がだまされます。楽しいの勘違いするのです。
そして、辛い時だからこそ、義母や妹に向けて最高の笑顔でいたい。長く生きる事がかなわなくても、生きている間は幸せな気持ちですごして欲しいから。
妹のことを綴ったブログは

 

miryokugaku.hatenablog.com

 



お肌を見る。というのは、ご自分の心と向き合う大切な時間なのです。

自分の顔なんて、そんなに毎日見ない、見たくない、メイクをするためにしか見ない。

そんな日々をすごしていると、自分をどこかに置き去りにしてしまうことにも成りかねないのです。

 

どんな顔をして、どんな表情をして、どんな心の状態で、どんな身体の状態なのか、

 

一日数分自分と向き合う事が、あなたの生き方を創っていくのです。

スキンケアカウンセラーという仕事は、そのお肌を通してあなたの生き方を創っていくヒントをお伝えしています。

だからこそ、「素肌美で未来を創造する」仕事をして、尊厳をもって、お客様一人一人に向き合っています。

「今日はお肌手入れに来て良かった」 今つらい局面にいらっしゃるお客様の一言。そのお肌への向き合い方をお伝え出来て、昔からある言葉通り、「顔を洗って出直す」という事が出来たからかもしれません。

しみや、しわが問題なのではなく、そのしみやしわを、作ってしまった、心と身体のありように気づいてもらう事ができれば、もうしみもしわも、あなたの中から消えていくのですね。

 

miryokugaku.hatenablog.com

 


まずは、プロのお肌診断から
公式LINE@始めました。
 友だち追加数

 

魅力学研究家の中原晴美とそのチーム VISIONEグループ は東京は青山(町田~来年スタート)大阪は心斎橋、千林にて 活動中です!

サイエンススキンケア カウンセラーによる
無料肌診断&洗顔体験をしてみませんか?
東京@青山  大阪@心斎橋
申込み お問い合わせ

 魅力学を学ぼう 魅力人でいこう

 

魅力人になりたい人へ

◇中原晴美はどんな人?  HP FB Blog  youtube

◇魅力磨きのヒントは 魅力学のススメ メルマガ

◇本当の素肌を取り戻す サイエンススキンケア HP Blog

 

父の目、母の目、仕事のスピードと質と 

昨日初めて息子のバイト作業中をのぞきました。

魅力学研究家の中原晴美です。

息子は高校二年生。昨年の夏から、近所のスーパーで、一日2時間、週に4日ほどバイトをしています。仕事は精肉部の機械やシンクの掃除。

若い男子には面白い仕事ではないと思うのですけど、文句も言わず淡々と続けていて、かといってガツガツお金を稼ぎたいって訳でもなく、シフトも一日数時間、

 

「もう少し仕事していく?」なんて、言われても、「いえ、結構です~~」とさらっと帰って来るという( ̄。 ̄;)。

今までそのスーパーに行った事はあったのですが、タイミングが合わなかったり、どこにいるのかわからず、まあ、母も高校生のバイトを参観してもねえ、と真剣には探さず。

たまたま昨日は、精肉部の場所に急に気がつきドアの透けている窓から、息子が働いている姿を盗み見ることが出来ました。

決しててきぱきは動いていなくて、ゆっくりと機械の部品をあらって、運んで…、細かい部分を洗って~~汚れてないか眺めて~

見ようによっては、だらだら嫌々やっているように見えなくも無いけど、ふて腐れているわけではない。

f:id:miryokugaku:20161017215228j:plain

小フタの丸焼きフェスにて、

私は美容師一家に育ちました。美容業界が勢いのあった頃で、サロンはいつも待合室まで一杯の時代。父も母も仕事の手早さで有名でした。そして、祖母の山野愛子も物凄く手の早い人でした。

クイックチェンジと呼ばれる早変わりを得意としていて、ヘアーや、装いをばっと目の前で変えるなどの見せ方も好んでしておりました。

美容の道を目指した時に、「同じ技術ならば早いほうがよい。お客様の時間を無駄にしない。会話をしていても手を止める美容師は二流」というような教育を受けました。

それ以来、仕事もそうですが、家事でもなんでも「早い」いう事に価値を置いてきたように思う。

ですので、一緒に仕事をする時に、動作が緩慢に見えたり、一つの作業がゆっくりすぎる人がいると、一人一人のペースがあると想いながらも、ついつい「ちっ!」と思ってしまう自分がいました。

子どもを育てて「早く、早く」と言ってしまう癖を抜くのに数年。それぞれのペース似合わせた時間配分を出来るようになるまで、母の方が教育されたものです。(というか、超マイペースのダディに慣らされたかも)

 

息子の様子を、ダディに報告。
「あんなにちんたら仕事してていいのかなあ~~。でも一年仕事していて現場でも可愛がられているよね。私だとちょっとイライラしちゃうタイプのバイトくんだったなあ」

「あいつは、賢いやつだし(勉強が出来るという意味ではなく)頼んだ事に理解が良く、どんな仕事も嫌がらず、ちゃんと最後まで仕上げる。家でも一番気持ちよく動いてくれる。愛想がよく、ちゃかちゃか動くけど、まともに仕事が出来ないやつが沢山いるぞ、ああいう仕事の仕方する人間のほうが、職場では信頼されるものだ」

と、長年レストラン業界で働いてきて、NY時代は300席を回す10人のシェフのマネージメントをしていた頃、様々な国から来た癖のある従業員、NYで日本食を覚えてきた日本人シェフをまとめていく難しさ、面白さを知っているダデイ。

なるほどなあ~~~~

父の目は、母の目とは違う所を見ていました。

そして、仕事のスピードは質はイコールではなく、トータルで仕事のクオリティを上げて行くことこそが大事なのだな、と、いまさらながら、納得。

ついついスピードを重視してしまいがちで、このところのケアレスミスが増えている自分に反省…。スピードに自分の集中力がついていっていないのか?昔出来た事が出来ないなら、スピードを落としてでも丁寧に完成度高くやることが必要な時期なのかもと、振り返り。

とはいえ、やはり同じクオリティなら早いに越したことはないといまでも思う。

とここまで書いて、息子にインタビュー。

クオリティとスピードについて。

実は息子は、時間給の中で最大限にサボりたい!のだそうです( ̄。 ̄;)

そのためには、延長して仕事を増やさないように、かといって、早く終り過ぎて時間があまり時間給をカットされる事もなく、余った時間に頼まれた以外の仕事を見つけたり、申し出たりしながら、時間ぴったりに終りながらも、仕事のしすぎにならないように、

「サボるための努力を最大限にしいている」のだそうです。ほほ~~。( ̄。 ̄;)


「6時ぴったりに上がるために、余った時間をうろうろ時間つぶししている大人の社員がいる。そうではなくて、時間内で頼まれた事はやり、それ以上大きな枠の仕事を頼まれない程度に、でも隙間の仕事を見つけて、上手に目一杯働く」のだそうです。

アルバイトとしてはある意味とても優秀とも言えるかなあ。逆にいうと、本人的には効率重視ということなのか。

これから社会にでたら、クオリティとスピード、両方の質を上げること目指して欲しいなあ。

きっと漫画家という夢に向けてはそういう風になっていくと信じつつ。


母の手をはなれ、一人の人間としての成長過程観察日記でした。




魅力学を学ぼう 魅力人でいこう

 

魅力人になりたい人へ

◇中原晴美はどんな人?  HP FB Blog  youtube

◇魅力磨きしたい人へ 魅力アカデミーHP FB Blog
◇魅力磨きのヒントは 魅力学のススメ メルマガ

◇本当の素肌を取り戻す サイエンススキンケア HP Blog

 

魅力学®