魅力学®のススメ

あなたを磨く、世界が輝く、魅力学®のススメ

コンプレックスがありますか?2

 

NYに集まる人は肌の色も、髪の色も、体型も、全然違う、美の基準があり、それぞれに美しさがあるのでした。それはまるで、宝石の美しさが一つ一つ違うように。

 f:id:miryokugaku:20141128201938j:plain

 

その自分らしい美しさってどこからくるのだろう。

 

 コンプレックスだらけだった私はその秘密が知りたかった。

 

コンプレックスがありますか 1 - 魅力学日誌

 

 

その興味は民族の歴史や習慣、視点、気候風土、食生活、言語、までに広がり、比較文化を肌で体感しながら学んでいく日々を送ります。

 

心理学、カウセリングも学びはじめました。人はどうして違う考え方、感じ方をするのだろう。考え方や感じ方のクセが変われば「自分らしさ」も変わるのだろうか?


一方、サロンで仕事をしていく中で、クライントに体の歪みから来る体の不調があると、肌や、体のシェイプなど、お手入れやダイエットだけでは、変えられない淀みや、滞りがある事に気付き、

 

ヨガを学び、体の歪みを取り、リンパ、血液、呼吸の流れを止めない事が、健康に繋がり、ひいては本来の自分体型、肌質、髪質に戻す事に繋がる、と言うことに気付きます。


そこから、もっとカラダを変える基本になる、食習慣にも興味探究の心は向いてい行き、マクロビオテック、ローフード、ナチュラルグルメダイエットを研究。

 

果ては、今だけでなく、一生健康で美しい体を手に入れるには、免疫学や予防医学が大切だときづき、勉強することにつながりました。


しなやかで強い体を作るための食生活をしていれば、自然に健康になり、適正体重になり、本来の自分の体になれる、と言う事を知ります。


そうして学んだ、美容法、体の修正法、呼吸法、健康法、食事法、心の操縦法、を自分が体験していくうちに、いつの間にか、自分の美しさに自信が持てるようになっていたのです。

 

 

コンプレックスからやっと解放されました。


自分の嫌いな所をあげればきりがないほど、欠点ばかり見つめていた日々、どうしてもっと綺麗に生まれなかったのか、と思った事もありました。

 

 

恋愛に失敗すれば、やはり太っているから?綺麗じゃないから?髪が多すぎるから?(こんな事も凄いコンプレックスでした(>_<))と、外見を理由にして自分の事を見つめる事から逃げていた過去の私。

 

祖母や母にはかなわない、自分はどれだけやっても、追いつけない、追い越せないという思い込み、心のクセ。

 

私が私である事は、誰かと比べての容姿や体型や、仕事の出来や成功や、ましてや髪の多さ(!)では、揺るがない物だと気付いたのです。

 


生まれた時に自分が本当に持っていてた美しさの種。


体や心のクセ、間違った食生活や生活習慣のせいで、土の中にもぐりこんで、太陽を浴びずに、眠ったままになっている美の種。


それを掘り起こし、丁寧に水をやり、日々ケアしていく事で、空にのびていくように自由にのびのびと綺麗な花を咲かせる事が出来たのです。

 

この美の種は全ての人が持っているのです。そして貴方も美しい花を咲かせる事が出来るのです

 

続く

あなたも 魅力人でいこう!