読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魅力学®のススメ

あなたを磨く、世界が輝く、魅力学®のススメ

もし今日が人生最後の日だったら、あなたは後悔を口にしますか。

もし今日が人生最後の日だったら、あなたは後悔を口にしますか。

という見出しで、患者達の最期の後悔のトップ5、という記事がありました。


人生最後の時を過ごす患者たちの緩和ケアに数年携わった、オーストラリアの Bronnie Ware さん。

彼女によると、死の間際に人間はしっかり人生を振り返るのだそうです。また、患者たちが語る後悔には同じものがとても多いということですが、特に死を間近に控えた人々が口にした後悔の中で多かったものトップ5は以下のようになるそうです。
 
1. 「自分自身に忠実に生きれば良かった」

2. 「あんなに一生懸命働かなくても良かった」

3. 「もっと自分の気持ちを表す勇気を持てば良かった」

4. 「友人関係を続けていれば良かった」

5. 「自分をもっと幸せにしてあげればよかった」

これ→引用原文ナースが聞いた「死ぬ前に語られる後悔」トップ5

f:id:miryokugaku:20141209071034j:plain


私は後悔という言葉を封印しています。

 

言葉は言霊として、無意識にしろ意識的にしろ、口から出る言葉を最初に聞くのは自分の耳、

 

言葉は、まず脳が考え、口から出すことでアウトプットし、耳から聞くことでインプットし、それを脳が自分の事として処理するという、繰り返しをすることで、どんどん心と体に影響を与えていきます。

心と体を守り、自分を幸せにするために自分に聞かせたくない言葉を使わないのです。もちろん他人にも使わないために。

 

後悔という言葉も なくして欲しい。

 

誰だって、完璧な人間では無いですから、過去に、馬鹿な事をした事もあるだろうし、失敗も多々あるでしょうが、それを後悔はしない。

 

ああすれば良かった、やらなければ良かった、と、そこにいつまでもこだわっていると、そこから前に勧めないから。

 

失敗も、過ちも、今の自分を作っている一部だと思えば、そこには意味があるのです。

 

さらには、意味のある事に変えていくために現在と未来があるのではないでしょうか。


↑の5つポイントは、どれも大事にしていきたいと思う事ばかり。生きているという奇跡の毎日を紡ぐ気持ちなら、それぞれを意識している事が出来るように感じます。

 

「これだけやれば充分!」と言う事は、ないわけで、自分が生きてきた中で、ああ、自分なりにまあまあやってこれたんじゃないか、と思えるような、最期の時の想いに変えて行きたいと思います。

f:id:miryokugaku:20141209071201j:plain


1. 「自分自身に忠実に生きれば良かった」

→ 自分に素直に生きる

2. 「あんなに一生懸命働かなくても良かった」

→ 仕事だけじゃなく、人生を楽しむ

3. 「もっと自分の気持ちを表す勇気を持てば良かった」

自分の気持ちを伝える事を大事にする

4. 「友人関係を続けていれば良かった」

→ 友人を大切にする

5. 「自分をもっと幸せにしてあげればよかった」

まずは自分を幸せにする


こういう生き方を「今」すぐスタートする。

後悔はしない

いつ最期を迎えても、自分の人生に感謝出来る。

いつだって今日が最期の一日かもしれないと、今日を生きてみる。

 

Learn as if you will Live Forever, Live as if you will Die Tomorrow.
 (永遠に生きるかのように学べ。 明日死ぬかのように生きろ。)


マハトマ・ガンジー

 

魅力学の目指す生き方です。

だから病を得たときこそ、こんなふうに生きて欲しい

 

病を得ても、病人にはならないで、魅力人でいてほしい。 - 魅力学日誌

 




魅力人でいこう