読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魅力学®のススメ

あなたを磨く、世界が輝く、魅力学®のススメ

ポジティブ思考は、人を育てないと思う理由。コップの水はどうしたい?

最近の自己啓発や名言集から集めてきたような書き込みでは、「悪い事は考えるな、よい事だけを考えよう」と言いますね。

風邪ひこうが、病気になろうが、お財布を落とそうが、「ポジティブに!これもラッキーだ!」と

私は、これには賛成の部分もあるんですが、ちょっと疑問を感じる事もあります。

未来に関しては、常にポジティブイメージです。

「失敗するんじゃないか」「上手くいかない」「こうなりたい=今は違う」という視点をやめて、「成功している」「上手くいっている」「こうなっている」と、達成した現在形でイメージする事で、脳をだます。

 

 

謙遜に見える、卑屈さがじつはマイナスな感情であり、そういう状況を引き寄せているということ - 魅力学日誌

 


現在や過去に関しては、

マイナスな事を、無理やり、ポジティブに考えろ、と言われても、時として、人生はあまりにも酷な現実を突きつける事があります。

まずは、その悲しみや苦しみ、失敗を、キチンと味わう、きちんとその感情を受け入れる。徹底的にネガティブにはまっても良いと思います。

けれども、そこに、とどまっていないで、その悲しみから、何を得るのか、苦しみから抜け出すために何が出来るか、失敗から何を学ぶのか。

未来は完璧を約束してくれているのだから、どん底に見える所から、あとは上がるだけだと思うのです。


コップの中の半分の水を、まだ半分もある、と思うか、もう半分しかないと思うか。という話聞いた事があるかと思います。

半分しかないと思う人はネガティブで、まだ半分もある!と思う人はポジティブだ、みたいな。

f:id:miryokugaku:20150119072323j:plain


最近では中学校の廊下にも貼られていたりして。ふう~~。(゜.゜)

そのどちらかにしか、人はなれないのででしょうか?

残った半分に喜ぶだけで、減った水の事は考えないの?それをポジティブと呼ぶの?

もしコップ一杯入っていた水が、何かの理由で減ってしまったら、それは、やはり悲しかったり、さびしかったりする感情があって当然だと思うのです。

逆に、半分しかない事を嘆くだけで、その悲しみにとらわれていない?コップ自体の存在を忘れていない?

その失った半分の空白を、しっかり悲しみ、いとおしみ、その痛みを自分で見つめ、自分で癒す。

その上で、残りの半分に感謝して、大事にする。そんなプロセスが大事だと思うのです。


私は4人兄弟です。妹が3年前亡くなりました。

1人亡くなったと言っても、あと2人いるから、良いじゃないか。そんな風に思える訳もありません。残った弟達に感謝と愛情の気持ちはあれど、妹を失った悲しみはずっとそこにあります。悲しみさえも、愛おしんで生きて行きたいと思っています。

減ってしまった半分を憂い、悲しみつつ、残りの半分に感謝して、もう一度、コップを一杯に満たす未来を描く。

残った半分を慈しみ、育て、またコップを一杯に満たし、さらには、あふれさせ、コップ自体を大きな器にして水を移し替えるぐらいに。

 

それが、器の大きい人へと成長していく、ということなのです。


妹の死を通じて得た、妹へのさらなる愛情と、家族への愛情の大切さに気がついたから、その気持ちを自分の仕事を通じて、沢山の人に伝えて行きたい。



全ての人が自分自身を、家族を、周りの人を大切にすることが、生きる意味、価値を変える、という事を、魅力学を通じて、伝えて行きたいと思ってるのです。

 

 

死ぬことも怖くない。発信することで、自分の生きた時間を、誰かに活かしてもらいたいから。 - 魅力学日誌

 


これは、妹の死がなければ、私が気付かなかった妹の遺してくれた大きな宝です。

おかげで、以前よりも、周りに感謝と愛情を注ぐ事が出来るようになり、沢山のご縁と、周りからも愛情を頂く事が出来て、自分のコップが、新しい水で満たされて、もっともっと大きなコップにと、変わってきています。

そういうプロセスが、人間として成長すると言う事だと思うわけですね。


そのためには、いたずらにポジティブになって、現実をしっかり見ないのではなく、減ってしまった半分をまずは、しっかりと受け入れる事も大事だと思うのです。


人は、悲しみや、失った物、人 時間、ををしっかりと受け入れることが大事なのでは。


そして、それは自分の中でしか出来ないと思うのですよ。1人1人の悲しみ、苦しみは、その人だけにしか解らないから。



だからね、私は突っ張るんです。周りの人に悲しい顔や苦しい顔で、悲しみを伝播したくないから、

 

 

他人の想念が自分に影響するから、被害者を演じる人はその通リに形作られる - 魅力学日誌

 



せめて、私が向き合う人には、幸せの伝播だけしていたいから。



私がエネルギー満載のポジティブ人間に見えるとしたら、そんな想いで暮らしているからかもしれません。でも、実はネガティブをしっかり 味わっているからこその、ポジティブなんです。



ポジティブなだけででなく、ネガポジのバランスを取りながら螺旋を描きつつ、しなやかに強く伸びて行く、そんな魅力人でありたいと思うのです。

 

悲しみは不幸ではない 絶対的に幸せだと決める。 - 魅力学日誌

 




魅力人でいこう

 

魅力人になりたい人へ

中原晴美はどんな人?  HP FB

魅力磨きしたい人へ 魅力アカデミーHP 講座情報ブログ
魅力磨きのヒントは 魅力学のススメ メルマガ

本当の素肌を取り戻す サイエンススキンケア ブログ