魅力学®のススメ

あなたを磨く、世界が輝く、魅力学®のススメ

我慢できないのが恋で、 我慢できるのが愛

あるお坊さんのお説法から...

我慢できないのが恋で、
我慢できるのが愛...

 

なるほどと思い、考えてみました。


若いころは、恋にあこがれる。でも恋は長く続かない。

刹那的に、相手を求める気持ちが恋なのかもしれない。

求めるのが恋


けれども愛はいろんな事を相手に差し出せることだと思う。

それは我慢といえばそうなのかもしれないけど、もっと大きな自分と相手の壁をなくした状態、自分を痛めることなく、相手に差し出せる方法を見つけられるのが愛なのかなと思う。

今は、誰にでも愛を感じ、愛を注ぎたい、と思う。

与えるのが愛


恋はもういらない。

 

恋は苦しかった。恋は自分も相手も傷つけた。

それよりも、枯渇しない愛を差し出せるような自分でいたい。

f:id:miryokugaku:20150128054747j:plain

もちろんパートナーや、親兄弟、子供など、自分に近い人には濃く、周りの友人から、道ですれ違う人、さらには、遠い国にすむ知らない誰かまで、その愛のグラデーションには、違いはあるのだけど、

 

イメージは、地球を抱きこんで、自分から世界まで、同じ愛の波動がふわ~~~っと繋がっていくような。
そんなイメージで、愛を持ちたい。

世界の中心で愛を叫ぶのは、この世界と宇宙に向けてなのです~。

 

でもね、若いうちは恋もしてね。

しなくてもいいけど、すると楽しい。辛い事もあるけど、心の栄養になっていく。愛という気持ちを見つけるきっかけにもなる。


恋は一つだけじゃなくてもいい。

 

f:id:miryokugaku:20150128055633g:plain


いくつかの良い恋をしてほしいな、と若い人にはメッセージです。

自分の娘もそんな年頃。大いに恋をして、大きな愛をはぐくんで欲しい

魅力人でいこう

 

魅力人になりたい人へ

◇中原晴美はどんな人?  HP FB Blog

◇魅力磨きしたい人へ 魅力アカデミーHP FB Blog
◇魅力磨きのヒントは 魅力学のススメ メルマガ

◇本当の素肌を取り戻す サイエンススキンケア HP Blog