魅力学®のススメ

あなたを磨く、世界が輝く、魅力学®のススメ

弱いことは、善悪ではない。強くなればいいの。自分のペースで。

宗教でも、哲学でも
性善説と、性悪説ありますね。

人はもともと善きものだけど、間違いを犯す。
人はもともと悪きものだから、間違いを犯す。

間違えちゃうんです。人間は
じゃあ、どう生きるか?

私は性弱説が好きです。

人間は善悪があるのではなく、弱いものだと。

絶対的な善悪ってあるのかな?

その時々に、悪いと知りつつも、
その道に行かねばならない、
選ばなければならない
そんな人生の別れ道は誰にでもある。


解っているんです。
悪いってこと。

でも、弱いから
自分を守るために、
その人、その時、なりの
「正しさ」を持ってしまう。

 

善悪で人を裁く側に立つことは簡単だけれど、
それではなにも解決しない。

心が、体が、生まれつき弱い人
経済的困窮が、弱さを生み出すこともあるし
周りに強すぎる人がいることで、弱いままでいることを
選ぶときもある。

弱い人を責め
いまの現状はすべて貴方が作っていると責める
そんな、宗教や、心理学がありますね

だから、この宗教が、私が、救ってあげます!

それは、新たな依存を生むだけで
弱さを助長する。


弱さは、善悪ではない。

なんらかの理由で自分が弱くても
自分を責めないで。

過去は過去。

強くなるために、何が出来るか?

ここでも、呼吸です。
そして、行動を意識的にすること。

呼吸に集中するということは、
息をすることにも意識を集中するという
自分の心と観察の一番シンプルなスタート

そこから、自分の思考や、行動を
意識的に「選ぶ」ということをスタートするんです。

流されて、目の前にあるものにしがみつくような
思考と行動から抜け出て、

自分で考えて、選ぶこと

それが弱さから、すこしづつでも
強さを身につけて行くことになります。

 

 

 

心も筋トレ、心もストレッチ、弱い心も しなやかに強く - 魅力学日誌

 

f:id:miryokugaku:20150314070649j:plain

 

私も、本当に自信もなく、コンプレックスを抱え
大事な局面では逃げてしまってきた。

でも、呼吸と意識的な行動を積み重ねて
自分で選んで行動したことが
なにがしかの結果を生むことを繰り返し

自分を信じる=自信を作ってこれた。

弱さを逃げにしないでください。

そして、周りの人も弱さを責めないでください。
きっと強くなれる。
寄り添って、手を差し伸べてあげてください。

 

 

 

正論を振りかざして、人を傷つけることよりも 自分が信ずることを、淡々と - 魅力学日誌

 

 

あなたは、悪くない。
ちょっと弱かったかもしれない。
大切なものを失った悲しみ、
取り戻すことの出来ない時間を責め続けないで
残された大切なものに目を向けてくださいね。

 

川崎のお母さんと、残された4人の子供たちへ祈りを。
そして、失われた命が安らかに守られていますことを。

 

 

 魅力人でいこう

 

 

魅力人になりたい人へ

◇中原晴美はどんな人?  HP FB Blog  youtube

◇魅力磨きしたい人へ 魅力アカデミーHP FB Blog
◇魅力磨きのヒントは 魅力学のススメ メルマガ

◇本当の素肌を取り戻す サイエンススキンケア HP Blog