読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魅力学®のススメ

あなたを磨く、世界が輝く、魅力学®のススメ

普通と普通の反対と 

普通とはなんぞや?

我が家では、いわゆる普通派と、変わり者派の真っ二つに家族の中で二分しています。

で、普通ということについて語ることも多いのですが、
 
 
普通の反対語で調べてみると…
希少。奇抜。特別。異常となる。
 
 
一般的に「日本」で考えられている普通、先進国で考えられている「普通」はアフリカの原住民とか、エスキモーの人達には通用しない

つまり、普通、だと思われていることは人間という種としての常識や行動形態ではなくて属する社会のマジョリティである、というだけ。

マジョリティであることは、割と生きやすい理解されやすいし、受け入れられやすい
それが大多数なわけですから。

けれど、マジョリティがもし100%になってしまったらしごくつまらない社会になるし、発展もない。

マイノリティの、社会の常識、行動形態から外れる人が社会を変えていく力がある。

古代においても、安全な大陸に飽き足らず新しい土地を目指して、船を作り冒険に出た人がいたから世界に人類が広がっていった。
 

f:id:miryokugaku:20150604090533j:plain


普通であること=社会適応力
普通と違うこと=異なる視点で行動出来ること

これも、バランスよく持つことが出来ると社会も自分も豊かになることができますね

自分が普通でつまらない、と思っている人
普通じゃないから、うまく生きられないと思っている人

両方のバランスを取れば良いのでは?

なんの。どんな。どういう。部分が
普通なのか、普通じゃないのか。

を、まずは知ってみる。

あとは、自分が心地よく、
自分なりのやりやすい方法だけを見つければ良い。

自分の中にも、マジョリティとマイノリティが両方存在しているはず。
 
 
自分のやり方で、自分のあり方で、上手に社会と融合しながらも、自分の希少性、特別性、を昇華させていきませんか?
 
 
 
 
 
 
 
 

さて、私は自分のボートで大海に漕ぎ出すとします。


 

魅力人でいこう

 

 

魅力人になりたい人へ

◇中原晴美はどんな人?  HP FB Blog youtube

◇魅力磨きしたい人へ 魅力アカデミーHP FB Blog
◇魅力磨きのヒントは 魅力学のススメ メルマガ

◇本当の素肌を取り戻す サイエンススキンケア HP Blog