読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魅力学®のススメ

あなたを磨く、世界が輝く、魅力学®のススメ

後出しじゃんけんはルール違反

【後出しじゃんけんはルール違反】

 

「だから言ったでしょ!」
「そうなると思っていたのよ」

 

誰かが失敗したり、災難や、病気になった時に、そんな声かけしてませんか。

子供の水汲み失敗レベルから、ガンになられた方への追い打ちとも言えるような声かけ。(今芸能人のガンにより、そういう記事が多いですね)

 

私は若い時にそんな間違いを犯しました。

 

健康について学ぶあまり、友人があまり体を構わないことをあれこれアドバイスしていたのですが、友人がやっと望んだ授かった赤ちゃんを流産したときに、「だから言ったでしょ」

f:id:miryokugaku:20151015083714j:plain

友人を大きく傷つけて、私は今でも心の中で謝り続け、祈り続けています。

 

その言葉から、相手がなにかを得られるでしょうか


自分は何を得るのでしょうか。

相手よりも自分が知っている、解っている、会得しているという優越感だけ。

 

なにも良い効果を生むわけじゃない。

 

むしろ、貴方が言ったとおりに、思ったとおりに相手が失敗や、災難や、病気を得たとしたら、貴方の思考が相手をそんな状況に追いやっているのかもしれないです。

 

誰でも知らないこと、出来ないことで、思いもよらない迷路に迷う込むことがあります。

 

知っていても、出来ていても、宇宙なり、神なりの采配によって、誰にも知りえない理由によって、いろんな失敗、災難、病気、もしくは死すら、起きることもあります。

 

そういう時に、これみよがしに「だから言ったでしょ」「そうなると思っていたのよ」という感情の奥にあるのは 賎しい自尊心だけです。

 

誰もが間違ったり失敗したりします。貴方と同じように

 

それがなんだというのでしょう。
その人の人生です。

 

少しでも早く、立ち直って、元気になって、また歩みを始めるように、寄り添い、見守り、祈る。相手が必要としているなら、手を差し伸べる。

 

それだけしか出来ないものです。

 

後出しじゃんけんは、ルール違反です。


そんな勝ちをいくつ重ねても人生のコマは進んでは行かないのです。

 

お子さんにはついついそんな言葉をかけてしまいがち。子どもたちは、失敗からしか学べません。

 

大いに失敗させて、一緒にまた歩く勇気だけを与えてあげてください。

 

 

 

 魅力人でいこう

 

 

魅力人になりたい人へ

◇中原晴美はどんな人?  HP FB Blog  youtube

◇魅力磨きしたい人へ 魅力アカデミーHP FB Blog
◇魅力磨きのヒントは 魅力学のススメ メルマガ

◇本当の素肌を取り戻す サイエンススキンケア HP Blog