読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魅力学®のススメ

あなたを磨く、世界が輝く、魅力学®のススメ

存在感やオーラとは、態度が大きく偉そうに振舞うことではなく。

周りを照らす光が、内側から輝いて、まるで発光しているように見える人がいます。

 

 ご本人の魅力を知っていて、自分らしく生きながらなお、周りに与える知恵、力、エネルギー、を放っている人は、周りからオーラのある人、存在感のある人、魅力的な人と見えます。

 

単に態度が大きく、偉そうに振舞うことを、オーラと勘違いしている人に出会うと、

光なく、かすれた存在感に、残念になります。

 

人は、誰でも他人に認められたい、影響を及ぼしたい、という気持ちがあります

そのために、自分が他人にどう見られるか、が気になったり、余計なおせっかいに首を突っ込んで上手く行かず自己嫌悪に陥ったり…

 

私の若いころがまさしくそうで、自分なりの正義を振りかざして、「人を助けたい」という、一見お人よしのように見えるのですが、ああ、よけいなお世話、出しゃばり的な行為を繰り返してきました。

 

ある時、「人を変える事は出来ないが、自分が変わる事は出来る。」と言う事に気付きます。


がむしゃらに人に影響を与えたい、と思っているうちは、実は、まだ自分自身が見えていない、自分自身が1人で立てていない、人の評価によって自分を認めようとしている、という段階なんです。


人は、人として成長していくのに段階を踏んでいきます。

 

1 まずは、自分ってなんだろう?と自分自身に問いかけをしている段階。自分の得意な事、強み、魅力を探している段階です。

 

2 自分と言うものを見つけ、ぶれない強さを持てるように成る段階。

 

人は、環境に影響されます。悲しみや、苦しみ、または、大きな喜びを得た時に、そこに執着してしまう事が、自分を一つ所に縛りつけてしまう。

 

大きな感情に自分が揺さぶられた時にも、また自分の軸にすっと戻れる強さを見つける事が出来る「心の筋肉をつける」段階です。

 

この段階にいられるようになっていると他人の評価が変わってきます。

 

自然と人が集まってくるし、おせっかいを焼かずとも、相談を持ちかけられたり、自分の力量にあった仕事が与えられるようになり、さらに成長していきます。

 

3 自分から周りへと無理をしなくても影響を与えて行かれる段階です。

 

このそれぞれの階段は、ある日、突然登れる事が出来ます。もちろん小さな段階を踏みながら変化していく事もありますが、クリックしたように、変化出来る時もあります

 

自分で模索しながら登れる人もいますし、どうしても、足かせのようなブロックを抱えていて、登れない人は、カウンセリングや、コーチングを通じて、または、自分が信頼出来る誰かとの会話によって。

 

4年間お付き合いしているあるクライアントが、その階段を上られた瞬間を見る事が出来て、女性としての外見も驚くほど変化されました。


何度か個人セッションもさせてもらいヘアーやスキンケアにて毎月お会いしている方。

 

以前は、自分の問題にまだ悶々としていて、自分自身の問題や、他人にどう見られているか、という話が多かったのです。

 

「仕事したいけど、私なんか…」「あれも、これもやってみたいけど、上手くいかない気がする…」「人からこんなふうに言われる事が気になる」そんな口癖が多かったですね

 

ところが、セッションやヘアースキンケアで内面も外見も変わってくる事で、どんどん自分軸がしっかりしてきたご様子で、そんな口癖が減り、「こんな事が出来た」「今度はこんな事をやってみよう」というような口癖が増えてきました。

 

自分が立つ位置に自信が出てきたのでしょう。ファッションも保守的なものから、華やかなものへの変化していきました。

 

最近は更に、「お友達からこんな相談をされて、何気なく言った言葉にともて感謝された」「この人とあの人を紹介したら、お仕事が上手くいくんじゃないかなと思って動いたら、とても上手く事が運び、喜んでもらえた」「同窓会でも同じ年齢の仲間に若い、綺麗だと言われた」

 

と、他人からの評価がどんどん上がっていく事が増え、またそれを自信持って咀嚼出来るようになっていました。

 

ああ、人ってこんなふうに短期間で、変化していくものなのだな、と、そばで見させて頂いて、感動してしまったくらいです。

 

そう、気付きは突然にやってきます。でも何もしていないと何もおきません。

 

自分で考え続ける事、探し続ける事、変わりたいと自分で決める事その気持ちがあると、必ず変われます、成長出来ます。

 

そして自分の在り方に自信を持って生きられるようになって、「自己評価」が高くなると、自然に、他人に認められる、他人に影響を与えられる存在になり「他己評価」が上がっていきます。


灯篭ってご存じですか?

 

f:id:miryokugaku:20151017075817j:plain

華やかな絵が描かれていて、中にろうそくを入れるとその絵が浮き出す。

 

どんなに華やかな絵が描かれていても、中のろうそくがともらなければ、その素晴らしさを目にする事は出来ない。

 

自分の軸が小さくても、ろうそくの光が遠くからでも見えるように、自分の光を見つけると、外側の絵が生き生きと輝きだすのです。

 

外側の絵を書く事ばかりに必死になっていませんか?まずは自分のろうそくを見つけましょう。自分のろうそくに火をともしましょう。

 

 

まずは自分を磨きましょう。自然と周りを照らすことができるようになるはず。

 

態度も言葉使いも、その人なりを表し、偉そうでも大きくもなく、ただ静かに佇んでいるだけで、オーラーや存在感をだしてしまうものですから、人間は不思議です。

にじみ出る存在感、周りを照らすオーラを放つ。そんな魅力人が増えると、お互いがお互いを輝かせ合う世界になるのです。


 

 魅力人でいこう

 

 

魅力人になりたい人へ

◇中原晴美はどんな人?  HP FB Blog  youtube

◇魅力磨きしたい人へ 魅力アカデミーHP FB Blog
◇魅力磨きのヒントは 魅力学のススメ メルマガ

◇本当の素肌を取り戻す サイエンススキンケア HP Blog